医師である利点の一つは「働き方を選べる幅が広い点」にあることだと思う【医師転職】

以前、「医師はFIRE(Financial Independence, Retire Early)を実現するのに本当に向いた職業?」という記事を書きましたが、そもそもが勤務医のみでFIREを目指すのが困難であると思います。

さらに言えば、私としては「もったいないなぁ」と思うわけです。そもそも医師である利点の一つとして、「働き方を選べる幅が広い点」があると思っているわけです。

たとえば会社員の方々は、基本的には「週5日、9時-18時勤務、時間外勤務も当然あり」といった働き方となるわけですが、医師の場合は「週4勤務、週1非常勤勤務」といった働き方もできますし、あるいは「週3で非常勤勤務のみ」といった働き方も可能であるわけです。

また、極端な例で言えば、「週1日だけ働く」という選択もできるわけです。1日8~10万円のバイトだったら、それだけで月40万円近くの収入になるわけですし、それに月何回かのスポットバイトを組み合わせれば生活していく上では十分なのかな、と思われます。

「週1日だけ働く」ことを考えれば、ほぼFIRE的な生活になるのではないでしょうか?私は現在、「週3日の産業医勤務+非常勤外来バイト」という働き方で、週休3日の生活を送っておりますが、「さすがにこれ以上、休みは要らないな」と思っておりますので、意外とFIREも達成してしまった後は、「ヒマだ…」と思うかもしれませんね。

「倹約とハードワーク」が基本のFIREですが、そうした修行僧的な生活を送るよりは、「ゆるく長く働く」ことを選択した方が、長い人生を考えれば充実度は高いのかな、などと思っております。

ある程度のハードワークの時期を過ごして限界を感じたら、「あとはゆるく長く働く」ことを選択する自由が医師にはあるでしょうし、燃え尽きる前にそうした選択をするべきだな、と私としては思っております。

もし燃え尽きてしまうほど、大変辛い思いをされて働かれておられるならば、その時はより働きやすい条件での転職をしてみることを検討されてはいかがでしょうか。リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントが相談に乗っていただけますので、ご登録してみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。