産業医の転職で「採用時面接」直前には今までの業務内容をまとめておくべき理由

産業医の転職の際、書類選考後に「採用時面接」を受けることになるかと思われます。その際、面接直前には今までの業務内容をまとめておくことをオススメしたいと思われます。

というのも、その面接で

・今までの社員との面談で、どのような苦慮したケースがあって、それにどう対処されましたか?

・「今までで一番大変だった仕事」と言われて、どのようなことを思い浮かべますか?

・企業に対して、今までどのような提案をしてきましたか?

・高ストレス者の面談で、どのように対処されてきましたか?

・なかなか言うことを聞かない社員がいた場合、どのように対処されますか?

といった、今までの業務についての内容を説明させるような質問がなされる可能性があるからです。

すぐに具体例を挙げられるように、今までどんな業務を行ってきたのか、しっかりとまとめておくと答えやすいと思われます。

産業医未経験の場合でも、臨床でどのような仕事をしてきたのかといったことは質問されることがあります。やはりどんな仕事をしてきたのか、ということはしっかりと答えられるようにしておきましょう。

あとは、「産業医としてのスタンス」「社員との関わり方に関する質問」などを面接では訊かれることもあります。日頃、あまり意識はされていないかもしれませんが、改めて面接前には考えておいた方がよろしいかと思われます。

なお、こうした採用時面接が苦手で不安、という方もおられるかもしれません。私も苦手ですので、かなり毎回不安でした。そんな時には、

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

などの転職支援会社にご登録いただき、ご相談されてはいかがでしょうか。私も面接前には対策などを含め、この二社のエージェントさんにはよく相談させていただきました。

タイトルとURLをコピーしました