勤務医だけでなく開業医もツライよ-「院長」になる前に適正を知るなら「雇われ院長」の経験を

スポンサーリンク

日経メディカルの記事「医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか」と、「『これって労災ですよね』腰痛の職員が院長に要求」という2つの記事を立て続けに読んで、「開業医も楽じゃないな」と改めて思った次第です。

一つは腰痛症に対する硬膜外麻酔で、医療過誤を疑われてしまった院長の話で、もう一つは職員が腰痛を「労災だ」と言って補償を求めているというケースの紹介がなされていました。

前者は、「今後責任は問わない」という念書をとった上、「お見舞金」でカタをつけ、後者は職員を伴って「労基署」を訪れることを提案されていました。本当に大変だなぁ、とつくづく思った次第です。

クリニックの院長ということになりますと、患者さんの対応、そして看護師・職員への対応などが求められ、当然ながら経営もしていかなければならないし、医師会とも上手くやっていかなければなりません。

こうしたことが不得手という人は、クリニックの開業は避けた方がよろしいでしょうね。もし適正が分からなければ、「『雇われ院長』になるメリット・デメリットとはー開業をお考えの先生にオススメ」にも書きましたが、雇われ院長として働いてみる、というのも手でしょうね。

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

条件など、これら人材紹介会社の求人情報をご覧になってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

未分類
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました