非常勤・バイト掛け持ち医師として生活していく上でのメリット・デメリット

ここで言う非常勤・バイト掛け持ち医師とは、「常勤としては勤務しておらず、非常勤やバイトを掛け持ちして生計を立てる医師」という意味です。端的に言えば、「非常勤もしくはスポットバイトのみで生活している医師」のことです。

現在は「医局からの紹介以外お断り」のような病院は少なくなり、なおかつネットで求人情報が探せる時代ですので、こうした生き方も以前よりは楽になっていると思われます。

こうした非常勤・バイト掛け持ち医師になる上で、考えうるメリット・デメリットは以下のようなものがあると思われます。

メリット

・常勤の病院などに縛られない。オンコールや夜間や休日の呼び出しがない。
・残業はほぼなし。
・常勤医に比べ、人間関係に悩む必要がない。
・時給面で、常勤医に比べて厚遇されている。
・入職の際、面談などを行うことは少ない。

デメリット

・社会保障(社会保険、厚生年金)がない。
・退職金が出ない。
・有給休暇などを利用できない。休んだ分だけ給料が減る。
・怪我や体調を崩して長期に働けない時、生活が行き詰まる可能性がある。
・スケジュール管理が常勤より複雑
・専門医の取得、維持ができない。
・銀行など、金融機関からの信用が常勤医に比べて低い。

このようなことがメリット、デメリットであります。
また、契約時に「そんなこと聞いてないよ」ということを業務として依頼され、トラブルになる確率は高くなる傾向があります。求人情報に関しても、自分で探すにしても限界がありますし、サイトにへばりついているわけにもなかなかいきません。

とくに、「自分では対応できないような患者さんを担当させられないか」「契約外のことを頼まれたりしないか」といったことは、なかなか自分では交渉しづらいものです。そのような時、転職エージェントに代わりに交渉してもらえばよろしいかと思われます。

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

といったサイトに登録し、御相談なさってはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。