「無駄が多い長時間カンファレンス」で消耗するのやめませんか?

カンファレンスのメリットとしては、さまざまな視点からの指摘を受け、独善的な治療にならないことが挙げられると思われますが、その反面、「とにかく無駄に長い」「建設的な議論になってない」といったところでは、対費用効果が非常に低くなってしまうことがあります。

私が以前勤務していた病院でも、御多分にもれずそのような状況であり、「とにかく苦痛」「当直明けに重なると睡魔に襲われる」といったことがありました。もちろん、下っ端の立場からそのようなカンファレンスを改善させようということは言い出せるわけもなく、2~3時間にも渡るカンファレンスに毎週出席していました。

そんな中、「労働密度の高い研修病院かどうかはココを見ろ!」という記事を読んでまさしくこういうことが言いたかったのだな、と妙に腹落ちしました。カンファレンス見学を行い、研修病院を判断する基準にするべし、といった内容なのですが、私としましては、

1)「とりあえずカンファ」は思考停止の第一歩。
2)カンファは最大で30分。それ以上は効用が逓減する。30分ですら長いと心得る。
3)カンファはオールスタンディングで。座ると緊張感が減って無用に長引く。
4)病歴、サマリーなどの音読は時間対インプット効率が悪い。まずは全員、紙で黙読する。

といったところに大きくうなずきました。「病歴、サマリー音読」は、研修医レベルでしたら必要なことかもしれませんが、それ以降のドクターに課せられる意味はないと考えます。また、「カンファは最大で30分」と、制限時間を設けてダラダラと続けないところも重要だと思われました。

医師においても「働き方改革」が求められる今、とりあえずのところカンファレンスの見直しというのも重要なことではないでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。