「給料は前の職場と同等です」のワナ-その試算、本当にあってます?

転職する際、「給料は前の職場と同等で」とお願いする人も多いのではないでしょうか。そのような場合、提示されたその年収が、果たして正しいのか、しっかりと確認しましょう。

結構、多いのが「時間外勤務」が結構含まれているような場合です。そうなると、あまり残業をしないような場合、給料が下がってしまい、大幅に前の職場よりも下回ってしまうことがあります。

求人票には「年収1千○万円」などと書かれていることが多いですが、その試算がどのように行われたのか、しっかりと聞いておきましょう。

また、求人票に書かれているのは、モデル年数(たとえば、40代医師など)での年収であり、それより下の年数の先生ですと、さらに下がる可能性もあります。

よって、「今の自分の年数では、どの程度の年収となるのか」「その試算はどのように行われているのか」ということを確認しておきましょう。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事