脳卒中のリスクを高めてしまう意外な生活習慣「1日2杯以上の飲酒」

高血圧や糖尿病、高脂血症などが脳卒中のリスクを高めてしまうことは知られていますが、中年期(50~50代)での過度な飲酒も、リスクを高めてしまう、と米国心臓協会(AHA)が発表していました(Heavy drinking in middle-age may increase stroke risk more than traditional factors)。

bar

特に、「中年期の大量飲酒が脳卒中リスクに与える影響は、高血圧や糖尿病などに匹敵する」とのことです。「持病もないし、病気にはならない」とたかをくくって飲み過ぎていると、脳卒中で倒れてしまう、ということもありうるというわけですね。

1日の平均飲酒量2杯超の「大量飲酒群」と、1日平均2分の1杯未満である「軽度飲酒群」を比較すると、大量飲酒群の脳卒中リスクは、軽度飲酒者群より34%高かったそうです。また、50~60代の中年期の大量飲酒者では、脳卒中発症年齢が、5年早いという結果だったそうです。

特に、50~60代での大量飲酒が、脳卒中リスクに強く影響すると考えられるそうです。50~60代で脳卒中にならないように、「1日2杯を越える飲酒はしない」ということを心がけていただければと思います。

「まだまだ元気」という気持ちは重要ですが、その一方で、お酒はほどほどにしたいものですね。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事