その他

その他

医師転職支援会社のサイトに掲載されている都内産業医求人リスト【2019/2/5時点】

前回の「医師転職支援会社のサイトに掲載されている都内産業医求人リスト【2019/2/1時点】」記事に加え、今回は民間医局、JMCの求人について掲載しております。 なお、 ・掲載日数があまりにも経っているもの ・健診業務メインのもの...
その他

医師転職支援会社のサイトに掲載されている都内産業医求人リスト【2019/2/1時点】

医師転職支援会社(リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリア、マイナビDOCTOR)に掲載されている、都内の産業医求人をリストアップしてみました。 なお、 ・掲載日数があまりにも経っているもの ・健診業務メインのもの ・ク...
その他

「呂律障害」という言葉が紹介状に書かれていて違和感を感じる医師

他院からの紹介で、「呂律障害」という言葉が書かれていると、違和感を感じる方もおられるようです。 「呂律が回ってないんだろうな」と、なんとなく意味は分かるのですが、やはり本来は医学用語で書かれてしかるべき紹介状に、ふいに「呂律障害」と書...
その他

風疹が大流行の兆し-ワクチン接種歴のない30~40代男性は要注意!

Aナーシングの『風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな』を読んでいて、「たしかに2013年にも流行ったなぁ」ということをおぼろげながら思い出しました。 現在、 ・今年の風疹患者数は昨年1年間の5倍を超える496人に達した。 ・関...
その他

週刊誌の「飲んではいけない薬」特集で不安を感じる患者にどう対応すべきか

週刊現代に「名医たちが実名で明かす 私が患者だったら飲みたくない薬」といった記事が掲載されており、その内容を真に受けて不安を感じていらっしゃる患者さんも多いようです。 外来で、ご説明申し上げる際、「難しいことは分かりませんが、不安な...
その他

風邪に「抗生物質を出せ」と引かない患者に担当医師としてどう説明すべきか?

抗菌薬の適正使用を推進するため、政府は2016年「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」を策定しています。その内容としては、2020年までの間に、「抗菌薬の使用量を13年比で33%減少させる」というもののようです。 実際、外来で「...
その他

高齢者の脱水+活性化ビタミンD製剤は「高カルシウム血症→急性腎障害」をきたす可能性があり要注意!

『日本医事新報』の2018年9月1日号(No 4923)に、活性化ビタミンD製剤を処方する上での留意点が掲載されていました。 腎臓内科の医師が、整形外科の医師へのお願いという形で書かれた記事であり、脱水になりやすい高齢者(特に、体調...
その他

男性の軽症うつ病には「胸を張った姿勢+筋トレ」が有効

Medical Tribune 2018年9月6日号に掲載されていた、第15回日本うつ病学会の内容を伝えた「テストステロン補充療法 軽症うつ病に有効」という記事が掲載されていました。 テストステロン値 350 ng/dl未満の気分変調...
その他

あなたのその「クレーム」が誰かを追い詰めているかもしれませんよ

お客様を相手にする仕事をしている以上、ついてまわるのがミスと、それに対するクレームです。 もちろん、ある程度のクレームなら許容範囲でしょうが、中には度が過ぎた無理難題を要求してきたり、何度も謝罪を要求してくるようなケースもあります。 ...
その他

診療で「大人の風疹」を見逃さないポイント

「大人の風疹」を見逃さないポイントが日経メディカルの「これって風疹? 見逃しを防ぐ診療ポイントとは」という記事が掲載されていました。 まとめますと、 ・風疹の三徴は、発熱、皮疹、リンパ節腫張 ・経過としては、感染8日目あたりからリ...
タイトルとURLをコピーしました