働く上での「許容できるストレス」は日々変わってくる【医師転職】

「許容できるストレス」というのは、人それぞれ異なっています。ストレス自体への感じ方、そしてストレスへの抵抗性がやはりそれぞれ違うのではないでしょうか。

勤務する上で、「日々ノンストレス」などという人はいないでしょうから、ある程度ストレスと付き合っていく必要があると思われます。ですが、その「許容できるストレス」は常に一定というわけではないです。

忙しい当直で、ある程度は若さや体力でカバーできていたとしても、年齢を重ねてきて体力的にきつくなってくると、その感じるストレスというのは増えていく可能性があります。また、子供ができてプライベートで自由にできる時間が少なくなったことにより、仕事で許容できるストレスが少なくなってしまう可能性もあるわけです。

また、退職により同僚や上司が変わる可能性もあります。「上司と反りが合わない」ことでの転職はやはり多いですが、人間関係でストレスを抱えていると、「今まで耐えられていたストレス」にもきつく感じると思われます。この点、「上司のサポートがあるか否か」というのは、部下のメンタルヘルスにとってとても大事であると言われている所以ですね。

こうした年齢や人間関係の変化、プライベートのライフステージの変化などにより、「今までは無理なく働けていたけれども、段々、仕事をしていてイライラすることが多くなった」といったことが起こりうると思います。

このような時、一つの解決策としては「働き方を変える」ということがあるでしょう。職場で上司などと話し合い、勤務条件を変える交渉を行うというのも一つの手であると思います。ですが、人間関係の問題などでそれが難しい場合は、やはり転職を考える必要があるかな、と思います。

もし現在、ストレスを抱えて勤務を続けておられ、許容できる限界を超えてきつつあると自覚されておられるようでしたら、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにまずはご相談いただいてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました