「産業医として、勝手に選任されて労基署に届け出されていた」なんてことにご注意を

某医師専用の掲示板に、産業医として「勝手に選任されて労基署に届け出」されていたケースのスレッドが立てられていました。

勤務医のドクターで、事務長経由で「この企業の産業医になって欲しい」との話があったそうですが、そのドクターは多忙を理由に断ったそうです。ところが、後になって企業側から「産業医として面談を実施して欲しい」と連絡がきてビックリした、というのが事の顛末だそうです。

断ったはずが、事務長が勝手に話を進めており、産業医として選任・登録されてしまっていたというのが真相だったそうです。

当然、こんなことはあってはならないことだと思いますが、実はこうしたケースは以前から注意喚起がなされており、とある企業の産業医として勤務していたところ、「全く話を聞いていないし、承諾した覚えのない子会社の産業医にさせられていた」といったことです。

企業側が新たに報酬を支払うのを渋って、こうした暴挙に出ることもあり、気づいた時点でしっかりと抗議を行っておくべきでしょう。それにしてもヒドイ話があるものです。

転職の際には、しっかりと就労条件についてしっかりと契約書を交わし、不透明な部分がないようにしておいた方がいいと思います。ただ、自分だけだとなかなかチェックしきれない部分もあると思いますので、ぜひリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談した上で話を進めることをオススメしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました