産業医の職務内容から考える「産業医って割のいい仕事?」という質問への回答【産業医転職】

産業医の職務内容としては、大別すると以下の4つが挙げられます。

1) 健康診断、面接指導等の実施及びその結果に基づく労働者の健康を保持するための措置、作業環境の維持管理、作業の管理等労働者の健康管理に関すること。

2) 健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること。

3) 労働衛生教育に関すること。

4) 労働者の健康障害の原因の調査及び再発防止のための措置に関すること。

産業医について その役割を知ってもらうために

1) に関しては、健康診断の就業上の判定および受診勧奨、それに伴う就業制限についての勧告などが挙げられると思われます。また、健康相談での面談、復職にまつわる面談(復職可否についての判定、フォローアップ面談)、長時間勤務者を対象とした面談やストレスチェック後の面談といったものも挙げられるでしょう。

「作業環境の維持管理」ですと、職場巡視やそれに伴う改善指示、「作業の管理等労働者の健康管理」には、特殊健康診断の判定なども該当すると思われます。

2)3)ですと、安全衛生委員会、講話などで行われることもありますね。4) については、労災に関する調査および再発防止のための指示などが含まれるでしょうか。

産業医勤務の実際

具体的な業務内容としては上記なようなものになり、産業医の職務のウェートを占めるのは、やはり健康診断の判定および受診勧奨、面談が主なものになるかと思われます。なお、安全衛生委員会および職場巡視は基本的には「月1回以上」となっています。

さて、こうした業務内容を踏まえて、「産業医って割のいい仕事?」という質問に立ち返りますが、これはやはり「企業の大きさ」「産業医としての適正」によるといった部分が大きいと思われます。

健康診断の判定業務を例に挙げますと、やはり大企業で社員数が多くなりますと、その分健康診断の判定件数が多くなり、「毎月、延々と判定を続ける」ということになります。一方で、1000人程度の社員数ですと、4月ないし10月近辺の判定が多くなる程度で、2~3ヶ月集中的に判定して終了、ということが多いと思われます。

面談の件数についても、やはり大企業だとそれなりの件数がコンスタントに毎日のようにありますが、小規模の事業所ですと、さほど連日のようには面談がないということもあります(実際、フォローアップをどの程度行うかによっても異なりますので、ここはどこまでやるかにかかってきますが)。

年収と勤務量について

年収については、年齢、経験年数、勤務日数によっても異なってきますので、なんとも言えないところですが、やはりここも「企業によってどの程度、保健・安全衛生分野に力を入れているか」によっても異なってくるといったところです。ただ、求人を見ていますと、おおよそ1000~1200万円のレンジの中にあると思われます。

実際、小規模なところですと、勤務日数、時間が少なく、週3日勤務・1日6時間勤務といったところもあります。その分、年収面では当然下がります。

ということで、一概には言えず、「やや忙しい企業での勤務でもあり得る、その分、給与面では厚遇が期待できる」というところでしょうか。ただ、ほぼ残業もなく、土日祝日勤務などがない点は勤務医に比べてメリットがあると言えるでしょう。

…と、ここまで具体的な勤務内容と年収などについて触れてきましたが、私としては十分、割のいい仕事かな、といった印象です。ただ、こうした業務にどの程度やりがいを感じられるか、続けられるかといった部分は、やはり適正といったところにかかってくるかと思われます。

もしこうした産業医業務にご興味をお持ちのドクターがおられたら、ぜひ産業医となることをご検討いただければと思います。その際には、私も転職のたびにお世話になっておりました、人材紹介会社の「リクルートドクターズキャリア」「エムスリーキャリア」にご相談されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。