仕事に疲れてしまった時に「いつでも転職できる」という逃げ道が救いになっていたという話【産業医転職・医師転職】

私が後期研修医の時に、業務量が増え、当直や深夜呼び出しに嫌気が差してきて、さらには医長との関係性悪化もあったということがストレスとなっていました。結果、不眠症状が悪化し、体調不良を自覚した上に、ますます苛立ってしまうという悪循環になっていました。

そんな時に、カンファレンスが終業時刻を過ぎてもなかなか始まろうとしていない中、何気なく「医師 転職」で検索をしてみました。そこには、現在の職場よりも待遇がよく、さらにはゆったりと勤務できそうな求人が並んでいました。

その頃はまだ、内科医として勤務を継続しようとしていましたので、救急指定のない病院で内科医として勤務しようとしていました。実際、求人の一つに応募してみようと、リクルートドクターズキャリアに登録してみました。

それだけでもちょっと心持ちが楽になったのを覚えています。カンファレンス中に転職エージェントから電話が鳴って驚いたということはありましたが、折り返しで求人の条件などを訊かれました。

そこから応募し、その病院には内定をいただきましたが、やはり転職の意思が固まっておらず、申し訳ないことに辞退してしまいました。ですが、内定をいただけたことが自信になり、「いつでも辞められるんだ」ということでとても落ち着き、求人を見ることが精神安定剤代わりになっていたようにも思います。

その後、その病院を辞めて、産業医として勤務開始するわけですが、あのまま内科医として病院勤務を続けていたら、確実に病んでしまっていたのかな、とも思います。

産業医をしていて気づきましたが、疲弊して追い詰められた社員さんが、転職活動を始めるということはよくあることで、さらには実際に応募して面接を受けたりしますと、落ち着いてくることがあります。こうした社員さんにとっても、求人を見ることや、実際に応募してみることは精神安定剤代わりになっているようです。

もし鬱々とした気分、イライラしながら仕事を続け、不眠症状に悩まされているようなことがありましたら、ちょっと転職を考えてみませんか。実際に行動に移さなくてもいいと思います。私のように、「リクルートドクターズキャリア」の求人を見たりするだけでもいいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。