産業医の役割について[労働衛生コンサルタント試験過去問 平成29年度 問12]

スポンサーリンク

【問題】
厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」において、産業医の役割として示されていないものは、次のうちどれか。
(1)労働者の適正配置に関して決定すること。
(2)事業場の心の健康づくり計画に基づく対策の実施状況を把握すること。
(3)就業上の配慮に関して事業者に必要な意見を述べること。
(4)専門的な相談・対応が必要な事例について事業場外資源との連絡調整に関与すること。
(5)長時間労働者等に対する面接指導等を実施すること。

【答え】(1)

【解説】
厚労省「労働者の心の健康の保持増進のための指針」によると、産業医の役割は
・事業場の心の健康づくり計画の策定に助言、指導等を行い、これに基づく対策の実施状況を把握する。
・専門的な立場から、セルフケア及びラインによるケアを支援し、教育研修の企画及び実施、情報の収集及び提供、助言及び指導等を行う。
・就業上の配慮が必要な場合には、事業者に必要な意見を述べる。
・専門的な相談・対応が必要な事例については、事業場外資源との連絡調整に、専門的な立場から関わる。
・ストレスチェック制度及び長時間労働者等に対する面接指導等の実施並びにメンタルヘルスに関する個人の健康情報の保護についても中心的役割を果たすことが望ましい。
とあります。

「(1)労働者の適正配置に関して決定すること」については、人事労務管理スタッフによる役割です。

【参考書・問題集のご紹介】
労働衛生コンサルタント(保健衛生)試験の試験対策にオススメの電子書籍を出版しました。ご参考にしていただけると幸いです。

産業医のための労働衛生コンサルタント口述試験対策マニュアル: 一発合格するための秘訣

まずはこれだけ!労働衛生コンサルタント口述試験対策問題集: 必須の41問

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

労コン過去問・予想問題労働衛生コンサルタント試験対策
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました