医師転職の基本

医師が「知人からの紹介」で転職する上で注意したい5つの落とし穴

医師が転職する場合、「知人に紹介されて」というケースが多いと言われています。やはり「お世話になっているあの先生が紹介しているなら間違いないだろう」といったことであったり、あるいは「昔から知ってる友人が紹介してくれるなら安心」といった心理が働...
産業医マニュアル

「ウソをつく」「同情を買おうと泣き落とし」「怒り出して非難」そんな社員たちを冷ややかに見ている産業医

面談の場で、社員さんたちが必死になるというその気持ちは分かります。「復職する際に、なんとか異動したい」「休職を繰り返していて、なかなか復職許可を出さない産業医や会社にGOサインを出させたい」「生活がかかってるから、早く復職したい」などなど、...
医師転職の基本

医師が「当直ができない」「時間外の電話や呼び出しに対応できない」といったことを前提に転職を考えられない理由

私の義弟は産婦人科医なのですが、正月も早々に勤務があり、月の当直回数も聞いて驚いてしまうほどです。残業も非常に多く、それを聞くだけでも本当に頭が下がる思いになったりします。 同期の多忙な医師の話を聞いても同様で、バリバリと臨床しつつ研...
産業医マニュアル

体調が悪くもないのに若手社員が「たびたび欠勤」してしまっていた理由

20代後半の若手社員が「体調不良を理由にたびたび欠勤している」と上司から相談を受けました。それでその若手社員Aさんと面談をすることになったのですが、「最近、体調はいかがですか?」「別に問題ないっすね」と言われてしまいました。 「(あれ...
医師転職の基本

医師が「退勤後や休日の問い合わせ電話や呼び出し」が苦痛であるという理由で転職しても良いと思う

私が産業医として勤務する企業でも、トラブルが発生すれば社員さん(事務部門を除く)は「24時間365日、連絡や呼び出しがある」状態です。 現場にいるスタッフや顧客からの連絡を受け、土日も返信や折り返しの電話をしなければならないということ...
産業医転職の基本情報

「産業医って、どうやってなるの?」という質問に分かりやすく答えてみる

当サイトへも、産業医って「どうやってなるの?」といったキーワードでやってこられる方もおられます。私自身、学生・初期研修医時代に習った覚えもなく、転職を考えてようやく調べだした口ですが、当時はあまり詳しく書いているサイトもなく、手探り状態で一...
産業医転職の基本情報

医師が転職をする上で押さえておくべき3つの「必要なこと」

私自身、最初の転職の時は右往左往してしまい、さらには退職を伝えた医長に「考えが甘い」と一蹴されて「内定辞退」という、なんともみっともない顛末を迎えてしまいました。 今振り返ってみると、転職をする上で重要なポイントが全く押さえられていな...
産業医のメリット・デメリット

「産業医だけ」ではなく「産業医+臨床医」で年収的にも安定を目指す働き方のメリット

産業医になるということになりますと、「臨床医に比べて年収が低い」「臨床医と違って、潰しが効かないのでは」「臨床のスキルが低下してしまうことは不安」といったことを心配される方がいらっしゃいます。 そこで提案したいと思うのが、「産業医だけ...
産業医求人情報

「週4勤務で年収1300万円~」「未経験も可」という産業医の好条件求人が出ています(ただし群馬で働ける方限定)

週4勤務で「年収1300万円~」という条件の求人は、産業医としてはかなり好条件な部類であると思います。また、「未経験も可」なので、これから産業医を始めるというドクターも応募可能です。 ただし、産業医求人で言いますと、やはり都内が求人も...
産業医のメリット・デメリット

後期研修医(専攻医)の時にドロップアウトした経験が産業医として意外と活きている件

「人生に無駄な経験なんてない」なんてことを真顔で言っている人がいたら、軽く小バカにして笑ってしまうようなタイプの私ですが、最近では「あながち間違いでもないよな」と思うこともあります。 私は後期研修医(現在の専攻医)時代にドロップアウト...
タイトルとURLをコピーしました