産業医転職の基本情報

勤務医から産業医への転職-「働き方を変えたい」という目的で産業医への転職を考える人に思うこと

医師の「転職を考え始めたきっかけ」ということでアンケートをとると、基本的に上位3つは ・業務負荷が高い ・給与への不満 ・人間関係への不満 となることが多い傾向にあります。 一般的な会社員の場合で言うと、「人間関係」「年収」などに加えて「今...
産業医転職の基本情報

【初心者向け】未経験でも応募可能な「常勤産業医」求人の見分け方

産業医として働いたことがなく「産業医未経験」という場合、「未経験でも応募が可能な求人」というのを探す必要があります。求人によっては、経験がないと応募することができない、あるいは書類選考ですぐ弾かれてしまう、ということがあります。 ただ、そも...
医師転職の基本

未経験で常勤産業医に転職するなら知っておきたい3つのポイント

産業医が未経験の状態で、これから「常勤の産業医に転職しよう」とした場合に気づくことがあると思います。その内の一つが、「経験者を優遇、もしくは経験者のみを募集する」という求人があるということです。 つまりは、未経験の段階だと応募すらできない、...
産業医転職の基本情報

若手医師が勤務医から産業医になる上で意識すべき「業務負荷」という問題

私自身、内科系の後期研修医から産業医になる上で、戸惑ったことがありました。後期研修医ですと、入院患者さんの診療と外来・救急当番、カンファレンスの準備など「やらなければならない仕事」というのは結構なボリュームでした。 そうした仕事量、業務負荷...
産業医求人情報

【横浜の常勤産業医求人】週4日、年収1200万円~という好条件で現在募集中です

神奈川県横浜市鶴見区で、常勤産業医の求人がリクルートドクターズキャリアで掲載されています。求人内容からしますと、未経験では採用は厳しいかもしれませんが、かなりの好条件ですので、2社目以降の転職を希望の方はぜひご検討してみてはいかがでしょうか...
産業医転職の基本情報

常勤産業医に転職をするなら当たり前だけど「通勤時間」が大事な理由

常勤の産業医を雇う大企業は、大都市圏にあることが多い傾向にあります。関東在住のドクターですと、「東京に通勤している」という方も多いのではないでしょうか。 実際、私も都内近郊の県から都心へと通勤していました。通勤時間は片道1時間半ほどでした。...
医師転職の基本

若手医師が「あえて次を決めず」に退職して休む期間を作る「キャリアブレイク」を行うことでのメリット・デメリット

一時的に離職、あるいは休職をして休むための期間をとるということを「キャリアブレイク」と言うそうです。転職をする上で、「ちょっと次を決める前に、一息入れて今後のことを考えたい」というタイミングでこうしたことを考えるようですね。 この「キャリア...
産業医求人情報

【東京都港区の産業医求人】週4~5日勤務で年収1200~1500万円可能な好条件求人が現在募集中です

基本的には週5日勤務なようですが、4日勤務も相談可能という求人になっています。やはり給与面ではかなり好条件な部類になっておりますので、もし都内での産業医勤務をご希望ということでしたら、医師転職ドットコムに掲載されておりますので、ぜひ一度ご検...
産業医転職の基本情報

「病院でもう働きたくない」という希望で「産業医」を選ぶ上で押さえておくべき5つのポイント

私が心身ともに限界を感じて「後期研修をもう辞めよう」と考えていた時に、「もう病院で働きたくない」と考えていました。 当時、精神科のドクターで、「これからはクリニックのコンサルティング業務で働く」とブログを書いておられる方がいて、それに感化さ...
産業医求人情報

リモート勤務メイン求人!週3日、年収900~1100万円の産業医求人が現在募集中です

コロナ禍でチラホラと見ていた「リモート勤務」の産業医求人ですが、久しぶりにリクルートドクターズキャリアで掲載されていました。 「産業医実務経験のある方、リモート勤務経験のある方」が募集条件となっているため、産業医未経験では応募不可となってい...