医師転職の基本

産業医マニュアル

急性期病院の勤務に疲れた先生、健診医や産業医の求人探しはちょっと待った!

急性期の病院に勤務していますと、超過勤務が月100時間以上の方が、ザラにいたりします。その環境下に長らくいますと、疲労困憊の状態になり、「もうこれ以上は無理…」と考えるようになる先生も当然いらっしゃると思います。 疲労の度合いが強い先...
医師転職の基本

「話が違う!」転職後の後悔で早々に退職を考える前に医師がすべき3つのこと

「この大変な業務、面接の時には言ってなかったのにな」「こんなに当直させられるとは聞いてない」「こんなに残業させられるとは…」と言った、入職前の話と転職後の状況がかなり異なっており、「また転職か…」早々にと退職を考えるのは、ちょっとお待ちくだ...
医師転職の基本

病院の人事担当者はここを見ている!医師が採用面接を受ける際にチェックすべき4つのポイント

入職を希望する病院が無事見つかり、応募。ぜひ採用してもらいたいところですが、そこで一つの難関となるのが、採用面接です。 その面接での受け答えや内容によって、採用が決まるということであり、就職活動での一つの大きな難関として存在します。 ...
医師転職の基本

転職で選ぶべき「将来性のある良い病院」かどうか評価するための3つのポイント

転職する上で、やはり気になるのは「その病院は、果たして"良い病院"なのだろうか?」ということではないでしょうか。 「良い病院」と一言で言っても、その尺度というのは、人それぞれということもあり、なかなか一概には言えないと思いますが、評価...
医師転職の基本

臨床医に疲れたら、「保険会社の査定医」という選択はいかが?

臨床で疲弊してしまった先生が、とにかく「病院から離れて仕事がしたい」とお考えの場合、保険会社の査定医や、産業医をオススメしたいと思います。 保険会社の査定医は、「社医」とも言われ、保険の契約希望者に対してする診査がメインの仕事です。 ...
医師転職の基本

医師も需要・供給で収入が決まる「人口比の医師数、求人数の多い科など」

医師の人数が少ない場所や科では、やはり収入は多くなる傾向にあります。 経済の論理は、ここでも働くようで、需要が大きくなると、その分、医師への対価も多くなるようです。 そこで、「人口比で医師の少ない都道府県」「求人数の多い科(つま...
医師転職の基本

医局を辞めるための3つの上手い言い訳ーウソも方便

医局を辞める際、実際は「もっと稼げるラクな病院に移りたいから」という理由であっても、なかなかそれは口に出来ないし、しない方が穏便に済ませられますね。 できることならば、穏便に辞めたい医局。医局を辞めることを医局長や教授に伝える際、波風...
医師転職の基本

医師も自分の特性を理解すべき理由「誰もがブラックジャックになれるわけじゃない」

医師となると、やはりそれなりに偏差値の高い大学に入り、それなりに厳しいカリキュラム・テストに耐えてこられたということもあり、つい自分の評価を高く見積もりがちなところがあるのではないでしょうか。 「自分は、どんな科でもやっていける。外科...
医師転職の基本

医局を出来る限り穏便に辞めるための3つのポイント

医局に所属していて、転職するために「医局を辞めたい」となった場合、できることならば穏便に辞めたいものですよね。特に、同じ地域で働くともなれば、しこりを残したまま辞めるというのは、できるだけ避けたいものです。 それ相応のキャリアがあり、...
医師転職の基本

研修を中断(ドロップアウト)してしまった初期研修医のための研修再開の3つのコツ

毎年10月頃、研修プログラム別マッチング結果の発表があり、その後、多くは翌年4月に研修会しとなります。しかしながら、開始後、「こんなはずでは…」と思い始める研修医の方々や、体調不良、または病院側の都合で研修継続が困難になることがあります。 ...
タイトルとURLをコピーしました