医師の転職、面接を受けても「何か違うな…」と思ったらハッキリ断りましょう

医師の転職ということになりますと、「同じ地域で他の病院を探す」ということも多いと思われます。結果、現在の勤め先と関係が少なからず関係があって、面接を受けて「断りにくい」ということがあったりします。

もちろん、熟考の上で応募し、面接を受けられることと思われますが、それでも「何か違うな…」と思ったら、ハッキリ断っても良いんです。

たとえば、院長や上司となる科長などとの話し合いで、「初対面なのに、なんか話し方が馴れ馴れしくて…」「上から目線での物言いが気になる」といったことが気になり、「このお話はなかったことに…」と断った方もいらっしゃるそうです。

わだかまりがあったまま、転職しても上手くいかないことが多いと思います。そこで、「面接を受けても、条件などが合わなかったら断る」としっかりと思っていた方が良いと思います。

そして、断るのだったら、早めに断りましょう。そちらの方が、キャリアエージェントや先方も助かります。

「面接を受ける=自分からは断れない」などとは決して思わない方が良いです。お見合いよろしく、こちらからお断り、というのも問題ありません。そして、複数の病院での面接をぜひ受けてみて、その中から自分の希望したところを選んでいただければと思われます。

もし転職をご検討されておられるのでしたら、
エムスリーキャリア
リクルートドクターズキャリア
などにご登録いただき、キャリアエージェントに相談されることをオススメしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました