医学生・初期研修医が病院選びをする上でオススメしたいSNS活用法

フェイスブックやツイッターが、今や当たり前のように使われていて、医学生や初期研修医たちも利用しています。

そんな中、そのSNSを利用し、病院選びを行うという動きもあるようです。たとえば、その病院に勤務する医師やスタッフの「生の声」をツイッターやフェイスブックで見ることができるわけですね。

ただ、そうしたものは「単なる愚痴」「ガス抜き」として使用されていることもあり、有用な情報ばかりではありません。むしろ、マイナス面ばかりを強調されていることもあるので、その点は注意が必要ですね。

そこで今回、オススメしたいSNS活用法としては、「ライバルをチェック」する方法です。

たとえば、同じ病院のマッチングや、後期研修を受けようとしているライバルたちが、日々どのようなことを考えているのか、どんな情報収集を行っているのかなど、そうした人々を見るということです。

「コイツ、こんな努力しているのか」と自分を奮起させることや、病院についての有用な情報を調べているかもしれません。そうした目的でSNSを利用してみてはどうでしょうか。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事