産業医になるには

産業医の求人における「難易度の違い」を現役産業医が簡単に解説してみた

一口に「産業医の求人」と言っても、入職する際の「ポジション」は実は結構違います。そして、そのポジションによって難易度もまた異なってきます。 産業医の経験年数によっては、この難易度の違いは結構大切だったりします。未経験の方がいきなり難易...
医師転職の基本

医師が転職活動中に悩まされるよくある「不安」の原因3つとその解消法

転職活動中、やはりトントン拍子に事が運ぶ方が珍しく、「なかなか上手くいかない」という方の方が多いのではないでしょうか。 その中で悩んだり、不安を抱えたりするでしょうし、そのことが原因で「やっぱやめた」と転職を諦めてしまうこともあると思...
産業医になるには

専攻医(後期研修医)から産業医になるなら、「バイト先」も転職エージェントに紹介してもらっておくといいですよ

私が後期研修医をドロップアウトした際、いわゆる一回限りのバイト「スポットバイト」はちょくちょくやっていましたが、週1でバイトを行うといった「非常勤バイト」はしておりませんでした。 当時、常勤産業医になるための転職活動でいっぱいいっぱい...
産業医になるには

医師が転職をする上で「楽だから」という理由で入職先を選ぶのはやめるべき3つの理由

産業医という仕事をしていますと、勤務医の同期からは「楽でしょ?」「楽だからやってるんでしょ?」といったことを言われたりします。 ・就業時間は8時間以内、残業なし ・時間外の問い合わせもなし ・当直やオンコールもなし ...
産業医になるには

内科医師だった私が「専門医資格」を取得せずに産業医に転職した結果

私は内科のとある科で、専門医資格取得を目指して後期研修医をしておりました。しかしながら勤務医であることに耐えきれず、ほどなくしてドロップアウト。 「専門医になって、すぐに開業して勤務医からおさらばだ」というキャリアプランはその場で水泡...
産業医になるには

「常勤産業医+地名+求人」でネット検索する職探しよりもずっと効果的な方法

私も後期研修医中に「産業医になろう」と思ったのですが、いざ転職活動を始めようとなったところで、「で…どうやって求人を探したらいいんだ?」と思ったのを覚えています。 大学の医局には所属していましたが、「産業医になりたいんで紹介してくださ...
産業医マニュアル

産業医面談で泣いてしまうことは決して「恥ずかしいこと」でも「謝らなければならないこと」でもありません

産業医面談にいらっしゃった社員さんで、涙ぐんでしまったり、あるいは完全に泣き出してしまうという方もいらっしゃいます。社員さんが面談で泣かれることは、産業医にとっては決して珍しいことではありません。また、それは男女問わずです。 ...
産業医マニュアル

「産業医をクビ」になった経験のある私がアドバイスする「クビにならないための3つのポイント」

私は産業医として勤務しており、現在で3社目です。その1社目でお恥ずかしい話、「来年度は契約更新をしない」と言い渡されています。端的に言えば、「クビ」ということですね。 産業医ですと、常勤産業医であっても、「嘱託契約」で1年ごとの契約更...
産業医になるには

「支店や子会社への訪問・出張」が好きな産業医と苦手な産業医はやっぱり分かれますね

エムスリーキャリアに、東京都中央区の産業医求人が掲載されていました。 この求人、勤務内容は「産業医業務全般」、「週3~5日勤務で年俸1,000~1,600万円程度」とのことであり、ごく一般的か、あるいはやや好条件の求人かな、といった印...
医師転職の基本

30代前半でマイナー科の後期研修をドロップアウト、「専門医資格なし・スキルなし・コネなし」で40代からの先行きが不安と悩む医師の相談

医師専用掲示板に、30代前半でマイナー科の後期研修をドロップアウトし、「今の職場をクビになるのでは…」と40代からの先行きを不安に思っているというドクターの相談スレッドが立てられていました。 「専門医資格なし、スキルなし、コネなし」…...
タイトルとURLをコピーしました