産業医転職の基本

産業医転職の基本

産業医になる上で覚悟しておいた方がいいリスクとは【産業医転職】

私は、臨床医から産業医になって、3社での常勤産業医となりました。その中で、一社目の産業医は知識や経験不足、そして人事労務担当者とのコミュニケーションがおろそかになっていたということもあり、3年目の契約更新ができませんでした。 この内容...
産業医転職の基本

学会に複数入会している医師にオススメ「学会年会費・学会参加費を負担してくれる」産業医求人【産業医転職】

産業医求人の中には、企業が「学会の年会費や学会の参加費を負担してくれる」というものもあります。複数の学会に参加しているドクターにとっては、この費用負担は結構ありがたいのではないでしょうか。 実際、私が入職した企業の中にもそのような企業...
産業医転職の基本

契約期間のない「正社員雇用」の産業医求人のメリット【産業医転職】

産業医と言いますと、常勤産業医であっても、基本的には「1年契約」となっています。ですので、1年ごとに「契約更新されるかどうか」というのが産業医にとって関心事となってきます。 「2年は更新できても、3年目で延長されずにクビを切られた」な...
産業医転職の基本

産業医「週3日勤務、短時間勤務」の落とし穴ー「社会保険」の適応にならない可能性【産業医転職】

産業医の求人で、「週3日勤務、短時間勤務」というものがあります。「たった3日、さらには1日8時間勤務しなくていいの?」と飛びつきたくなる方もおられるかもしれませんが、注意点があります。 というのも、会社などに雇われて働く職員など被用者...
産業医転職の基本

未経験産業医に優しい「社内産業医研修」「グループ内産業医会議への参加」がある企業【産業医転職】

未経験の産業医ですと、やはり「経験を積む」ということは一つ重要なことですが、一人で勤務しておりますと我流になりやすく、「別のドクターはどうやってるんだろう?」と思うことがあります。 やはり別の産業医がいるというだけで相談もできる環境に...
産業医転職の基本

産業医求人で「複数の事業所で勤務」を行う上でのパターン分類【産業医転職】

産業医求人で「複数の事業所で勤務」を求められることがあります。そうした場合、 ・メインとなる事業所へ主に勤務して、月に1回ずつ他事業所を訪問する。 ・週に3日A事業所、2日B事業所で勤務。 ・午前中はメインとなる事業所に勤...
産業医転職の基本

常勤産業医の「年収」で重要となるのは「勤務日数」「経験年数」【産業医転職】

常勤産業医の求人票を見ておりますと、「年収」を決定する要素としては、「勤務日数」「経験年数」が重要であると思われます。 まず「勤務日数」ですが、「3日/4日/4.5日」など、1週間で勤務する日数を選択できる求人もあり、当然のことながら...
産業医転職の基本

常勤の産業医求人で見かける働き方のパターン分類【産業医転職】

常勤の産業医求人と言いますと、真っ先に「企業の常勤産業医」が頭に浮かぶと思われますが、実は他にもパターンがあります。 たとえば… ・病院やクリニックに所属し、健診業務と嘱託産業医業務を行う。 ・クリニックに所属し、外来業務...
産業医転職の基本

産業医の求人で企業が求める「産業医の医師像」の違いとは-「未経験可」の文言の裏にあること【産業医転職】

産業医の求人を見ていますと、「常勤産業医の経験必須」「常勤産業医の経験2~3年が必要」「産業衛生分野の業務に明るい方」「未経験可」「医師免許取得後10年以上」といった条件が記載されていたりします。 大別すれば、「常勤産業医の経験が必須...
産業医転職の基本

産業医に求められる「最低限のPCスキル」とは【産業医転職】

産業医の採用時面接などで、「パソコンは使えますか?」といった質問をされることがあります。 この「使える」というレベルは、エクセルでの単純な入力作業や、ワードを使った意見書などの作成、パワーポイントを使った講話で用いる資料作成、メールを...
タイトルとURLをコピーしました