産業医は海外赴任者のメンタルヘルス疾患とどう向き合えばいいか

産業医をやっておりますと、海外赴任者でメンタルヘルス疾患を発症され、途中でやむなく帰国するという社員の対応を求められることもあります。

異なる社会に身をおくこと・対応することの難しさ、他国の社員とのすれ違いなどもあり、慢性的なストレスに晒されることになります。結果、抑うつ状態となり、勤務継続が困難となる、ということですね。

そうなるとやはり、帰国して療養ということになります。そうなりますと、「環境が変わり、もう海外赴任することもないため、短期間で良くなる」という人もいれば、「慢性的な疲労感がなかなかよくならず、しばらくの療養期間が必要」という人もいます。

発症後の対応は、主治医に治療を行ってもらいつつ、復職するタイミングをうかがうという点について言えば、他の復職判定面談・支援と変わりません。ですが、できることならば海外赴任前、しっかりと事前教育して送り出したいものです。

たとえば、
・赴任前に現地情報をしっかりと仕入れ、前任者からの引継ぎを入念に行う。
・海外生活におけるストレスの要因をあらかじめ認識しておき、対応策を講じておく。
・一人で悩みやストレスを抱え込まないよう、赴任先での相談相手などをあらかじめ決めておく。
・不眠や食欲低下など、うつ病の兆候となる症状をあらかじめ知っておく。
などでしょうか。こうしたことを伝えて教育するだけでも違うと思います。

発症してからではなく、ぜひ発症を防ぐため、産業医としては介入をしたいところですね。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事