勤務医の定年後の働き方-常勤・非常勤を選ぶそれぞれの理由

勤務医の先生方も60歳、もしくは65歳で定年を迎えます。その後の身の振りですが、「そのまま引退」という先生は比較的少なく、「元気なうちは、できれば働き続けたい」とお考えです。

多くの方は、「病院で非常勤医師として勤務したい」ということのようです。今もお勤めのバイト先でそのまま勤務、ということがパターンとしては多いようですね。

その他、「定年のない他の病院で、常勤医として働き続ける」「老人保健施設や特養施設に勤務する」「開業する」という先生もいらっしゃるようです。

非常勤を選択する先生方は、「自分の時間を大事にしたい。旅行などをしつつ、週に何日かは仕事をしたい」「老後の生活のため、働かざるを得ない」といったことで選択されるそうです。

一方、常勤で勤務するという先生方は、「経済的に余裕がない」といった理由が多いようですね。お子さんでお金がかかる、今の生活水準を維持するために働き続ける、とのこと。

ただ、「60歳になったから、即引退」というのは、あまりに寂しいですよね。平均年齢が伸びる中、できることならば元気な内は働き続けたいと思うもの。

現在、「40代50代60代の医師転職ドットコム」という人材紹介会社もあります。もし定年後の転職探しでお困りな場合は、御相談いただければと存じます。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事