病院側から「退職勧告」をされたら-戦うのは労力の無駄、さっさと転職を

病院の上層部から呼び出され、暗に「退職」を促される。今までの問題をあげつらわれ、こちらの言い分も聞かずに責められると、当然、怒りも沸いてきます。

そこで、労基署に飛び込んでみたり、病院側を相手取って訴えてみたり。そのような手段に出る方もいらっしゃるそうです。「今まで尽くしてきたのに」と思い、お怒りになるのもごもっともですが、そうした行動に出るのは、少しお待ちください。

そのようなことをして、果たして今後のご自身にとって、何かプラスになるのでしょうか?そもそも、その病院に居続けられるわけでもなく、転職先でも「あの先生、前に実は・・・」と立つのは悪評ばかり。また、転職するにも、怒りに任せた行動で就職するのが困難になるかもしれません。

ぜひ、一度冷静になって、損得勘定をしていただければと思います。「退職勧告」を転職の機会と考え、そこでぜひ「今より良い職場環境・条件の病院を探そう」とお考えになったほうが絶対に得です。

そもそも、自分の評価などというのは相対的なもので、院長などが考える評価が絶対的なものではありません。「ここでは認められなかったんだな」と思って、見切りをつけて新天地を探すべきです。

争うのは時間・労力の無駄、と考えて転職に向けた行動をとりましょう。まずは、「エムスリーキャリア」や「リクルートドクターズキャリア」「民間医局」などの人材紹介会社に登録し、まずは求人情報を調べてみましょう。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事