転職活動「3ヶ月間」を過ぎて焦りだす医師たち-焦ったら負けですよ

転職を希望して、いざ動き出してから約3ヶ月、それを過ぎてもなかなか転職先が決まらないと焦ってくるものです。

およそ「3ヶ月」というのが一つの区切りとなって、それを過ぎてしまうと「このまま決まらないんじゃないだろうか」「自分の市場価値はそれほど高くないんだろうか」などと考えてしまい、「ここでいいか・・・」と妥協しはじめる方が多いです。

もちろん、自分の評価をしっかりと行い、その上で軌道修正することは重要ですが、「軌道修正」と「妥協」は大きく異なります。その妥協、本当に必要なのか、しっかりとお考えください。

そもそも、「3ヶ月」という期間で探す必要があるのでしょうか。転職活動を決めた時期もあって、たまたま求人が少ないシーズンなのかもしれません(特に、4月入職を目指して、1~3月で、極端に求人数が少なくなりがちという傾向もあります)。

もう少し、長い目で転職活動をされてもいいのではないでしょうか。たとえば、あらかじめ人材紹介会社に複数登録しておいて、「気になる求人があったら、問い合わせしてみよう」くらいに思って、求人をこまめにみておくというのはどうでしょう。

そうした期間を含め、3ヶ月を超えての転職活動、長いスパンでの転職ができるようでしたら、してみるのも手ですよね。

まさに「焦ったら負け」であり、しっかりと求人情報を精査して、「いいな」と思ったときにアプローチをする、というようなこともよろしいのではないでしょうか。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事