医師のための転職ナビ

医師のための転職・就職支援情報サイト

産業医って何?その定義と業務内容について

      2015/06/16

まずは「産業医って何?」「どんな仕事をしてるの?」ということについて書いていきたいと思います。

327122302_bbc4a3935b

産業医とは

産業医とは、wikipediaによると

産業医とは、企業等において労働者の健康管理等を行う医師である。労働安全衛生法により、一定規模の事業場には産業医の選任が義務付けられている。

と記載されています。

労働安全衛生法の第十三条には、

第十三条  法第十三条第一項 の規定による産業医の選任は、次に定めるところにより行なわなければならない。
一  産業医を選任すべき事由が発生した日から十四日以内に選任すること。
二  常時千人以上の労働者を使用する事業場又は次に掲げる業務に常時五百人以上の労働者を従事させる事業場にあつては、その事業場に専属の者を選任すること。
イ 多量の高熱物体を取り扱う業務及び著しく暑熱な場所における業務
ロ 多量の低温物体を取り扱う業務及び著しく寒冷な場所における業務
ハ ラジウム放射線、エツクス線その他の有害放射線にさらされる業務
ニ 土石、獣毛等のじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務
ホ 異常気圧下における業務
ヘ さく岩機、鋲打機等の使用によつて、身体に著しい振動を与える業務
ト 重量物の取扱い等重激な業務
チ ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務
リ 坑内における業務
ヌ 深夜業を含む業務
ル 水銀、砒素、黄りん、弗化水素酸、塩酸、硝酸、硫酸、青酸、か性アルカリ、石炭酸その他これらに準ずる有害物を取り扱う業務
ヲ 鉛、水銀、クロム、砒素、黄りん、弗化水素、塩素、塩酸、硝酸、亜硫酸、硫酸、一酸化炭素、二硫化炭素、青酸、ベンゼン、アニリンその他これらに準ずる有害物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務
ワ 病原体によつて汚染のおそれが著しい業務
カ その他厚生労働大臣が定める業務
三  常時三千人をこえる労働者を使用する事業場にあつては、二人以上の産業医を選任すること。
2  第二条第二項の規定は、産業医について準用する。ただし、学校保健安全法 (昭和三十三年法律第五十六号)第二十三条 の規定により任命し、又は委嘱された学校医で、当該学校において産業医の職務を行うこととされたものについては、この限りでない。
3  第八条の規定は、産業医について準用する。この場合において、同条中「前条第一項」とあるのは、「第十三条第一項」と読み替えるものとする。

と記載されています。

東京都医師会HPには、

産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師を云います。産業医学の実践者として産業保健の理念や労働衛生に関する専門的知識に精通し労働者の健康障害を予防するのみならず、心身の健康を保持増進することを目指した活動を遂行する任務があります。

と記載されています。

産業医の業務内容

産業医は、厚生労働省によると以下のような職務を行うこととされています。

1) 健康診断、面接指導等の実施及びその結果に基づく労働者の健康を保持するための措置、作業環境の維持管理、作業の管理等労働者の健康管理に関すること。
2) 健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること。
3) 労働衛生教育に関すること。
4) 労働者の健康障害の原因の調査及び再発防止のための措置に関すること。

産業医は、労働者の健康を確保するため必要があると認めるときは、事業者に対し、労働者の健康管理等について必要な勧告をすることができます。また、産業医は、少なくとも毎月1回作業場等を巡視し、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならないこととなっています。

これは恐らく、労働安全衛生法 第十四条に記載さている内容であると考えられます。

オススメ人材紹介会社一覧

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
「転職のリクルート」らしい、きめ細やかな対応が望めます。まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
医師ポータルサイトで有名ですね。企業への交渉力もあり、条件交渉などの相談にもしっかり乗ってくれました。
詳しい説明はこちら
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングをしっかり行った上で、転職支援を行ってくださいます。
詳しい説明はこちら
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりは強く、医療機関への転職という面ではサポートが厚く得られそうです。
詳しい説明はこちら

 - 産業医情報