出産でブランクのある女性医師の再就職先選びで重要な2つのポイント

妊娠・出産を機に、医局や病院を辞めるという女性医師も多いのではないでしょうか。その時、子育てに奔走することになり、「ブランクがあって再就職が心配…」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

出産でのブランク後、どのように再就職先を選ぶべきか、以下のような3つのポイントにご留意していただければと思います。

1) まずはブランクを埋めることを再優先に

まず大事にすべきは給与面での厚遇や条件などではなく、ブランクを埋めることを優先すべきと考えられます。

どうしても、「休む前と給与を比較してしまう」かもしれませんが、そこはまず二の次にして、日進月歩の医療の世界に再び身をおいて、勘を取り戻すことが重要です。

2) できるだけスタッフの多い病院を

ブランクを埋めるためには、できれば小さな病院・クリニックではなく、スタッフの人数が多めの病院を選ぶと良いのではないでしょうか。

子供のことで、突発的に休まざるを得ない、半休を取らざるをえない時にも、手助けしてくれることも多いと思います。

ただ、こうした条件の病院を自分で探すのは困難であることもあり、「リクルートドクターズキャリア」などで、アドバイザーに相談すると上手く行くと思います。

3) できるだけスタッフの多い病院を

育児休暇などでブランクが生じる時には、できるだけ早めに、週1日でもいいので、現場に戻った方が、良いと考えられます。

「週1でのバイト」も選択肢において、「医師バイトドットコム」などで条件の合うバイト先を探して、できるだけ勘を鈍らせないようにするのも重要です。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事