産業医の採用面接でよくある質問まとめ

産業医の採用面接では、やはり臨床医の採用面接とは大きく異なります。その理由としては、臨床医の場合は院長などの施設長、科長などが面接を行い、質問を行うことが多いですが、産業医面接の中心は、人事部などの課長・部長などが実施することが多いです。

もちろん、複数名の産業医がいる企業であれば、すでに勤務している産業医も面接に参加することはありますが、基本的には「対医療者」というよりは、「対企業・社員」での面接対策が必要になります。

また、複数回にわたって面談が実施されることが多いです。書類選考→1次面接→2次面接(場合によっては3次面接もあります)を経て晴れて採用というところが大半であり、質問も数多くなされると覚悟しておくとよろしいでしょう。

今回は、産業医の採用面接でよくある質問について書いてみたいと思います。面接前にぜひチェックしていただき、回答できるか確認をしてみてはいかがでしょうか。

1) 志望動機

・なぜ産業医になろうと思ったんですか?

・弊社を希望された動機はなんですか?

・臨床医ではなく、産業医を志望された理由はなぜですか?

・臨床への未練はありませんか?

・(産業医経験がある場合)前社を退職された理由はなんですか?

2) 経験について

・産業医として、どのような経験をされてきましたか?

・(産業医は未経験の場合)臨床医として、どのような経験をされてきましたか?

・前社ではどのような業務を行ってこられましたか?

・今までの産業医経験で、一番苦労した点、努力して成し遂げた点はなんですか?

・産業医のあるべきスタンスは、どのようにお考えになりますか?

・あなたの産業医としての理想像はどのようなものですか?

3) 入職後のことについて

・弊社は、〇〇のような特色があります。ご対応いただけますか?
→たとえば、有機溶剤を使用しており、特定健診の対象者がいて対応が可能かどうか、対応経験はあるかどうか質問されるなど。その他、「わが社にはエンジニアが多く、頑固な人も多くいます。面談などで苦労することもあるかと思われますが、いかがですか?」といったことを質問されたこともあります。

・弊社は、メンタルヘルス不調者が多くおります。(精神科医でない場合)ご対応は可能ですか?

・非医療者である社員とのコミュニケーションについて、抵抗感はありませんか?

・弊社は、〇〇に力を入れております。入職後、ご協力をお願いできますか?
→たとえば、データヘルス計画や、禁煙推進活動などに力を入れている場合があります。対応可能かどうか質問されることがあります。

・(関連会社、グループ会社が多い場合)支店などへの出張も可能ですか?

・入職後、力を入れていきたい保健活動はなんですか?

・ご入職いただけた場合、長らく勤務していただくことは可能ですか?

・現在、弊社は〇〇の問題を抱えております。ご対応いただくとしたら、どのようなアプローチを行われますか?
→生活習慣病患者が多い、メンタルヘルス不調者が多い、復職後の再休職者が多いなどの問題に対し、どのように対応すべきかといったことについて、質問されることがあります。

以上です。
もしこうした面接対策でお困りでしたら、

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

といった人材紹介会社にご登録いただき、キャリアエージェントに御相談いただけるとよろしいかと存じます。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事