産業医のアルバイト事情と注意すべき3つのポイント

産業医の場合、求人情報で多くあるのが「週4日勤務、1日研究日」というパターンでしょうか。その場合、研究日をバイトにあてる、という先生方が多いと思われます。また、週5勤務のところもありますが、その場合、土曜の半日をバイトにあてる、ということもあるでしょう。

そうしたアルバイトですが、やはりバイトでも非常勤で産業医をしている先生方もいらっしゃるでしょうけども、臨床が恋しくなる、もしくは臨床の勘を鈍らせないためにも内科や精神科でバイトをしてらっしゃる先生が多いように思います。そもそも、非常勤の産業医求人も少ないですしね。

さて、産業医のバイトについてですが、いくつか注意点があります。今回は、産業医のバイトで注意すべき点について書いてみたいと思います。

1) 常勤かつ専属産業医の場合、他社での産業医勤務はNGな場合がある

常勤の産業医で、なおかつ専属産業医になっていますと、下請け企業でかつ、以下の条件を満たさないと産業医の兼務ができないと定められています。

1) 地理的に密接している(1時間以内に移動可能)。
2) 業態が似ている。
3) 2つの事業場で連絡体制にある。
4) 通常業務に支障をきたさない。
5) 対象人数が3,000人を超えない。

そのため、専属産業医か否かは重要です。複数名の常勤産業医がいる場合は、ご自身が専属産業医となっているか否かをご確認いただいた方がいいでしょう。

2) 会社規定で副業禁止の場合

会社の就業規程で、副業禁止で、それが医師にも当てはまるケースがあります。そのような場合は、あらかじめ求人情報に記載がありますので、その点はしっかりとチェックしておきましょう。

そうした場合、隠れてバイトをしていたりすると、解雇されることもあります。ですので、入職前にしっかりと確認しておきたいところです。

3) バイトはOKでも、届出・申告が必要なケースもある

結構多いパターンですが、臨床バイトはOKでも、届出や申告が必要なケースがあります。その場合も、2) 同様、しっかりとチェックした上で届出・申告をしておきましょう。

さすがに「隠れてやってて即クビ」とはならないでしょうけども、ルールを破っていいことはありません。注意されるまえに、しっかりと対処しておきましょう。

以上です。
もし産業医の先生方で、バイトをお探しでしたら、
リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師バイトドットコム

などがオススメです。また、40代以上の先生方を対象とした、
40代50代60代の医師転職ドットコム

などのサービスもあります。ぜひご登録の上、御相談いただいてはいかがでしょうか。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事