社員に嫌われる産業医の特徴【産業医マニュアル】

産業医面談をしていますと、社員に「立場」について質問されることがあります。

要は、産業医は中立な立場なのか、それとも言い方は悪いですが「会社側の手先」なのかという意味です。

当然、産業医は企業に雇われている身ですし、基本的には会社側のセッティングした面談を行うわけなので、社員も「会社に、何をチクる気なんだろう」「この面談をさせて、何か良からぬことでも企んでるんだろうか」と身構えていることもあります。

そこで傾聴・共感といった姿勢ではなく、話半分くらいにしか聞いていない、上から物申す偉そうな態度ですと、一気に社員は産業医に向けて不信感を向けてきます。

まずはしっかりと信頼関係を築くことが重要です。そのためには、「立場は中立です。あなたのことを精一杯、サポートさせていただきます」といった態度で面談に臨まないとダメですね。

もちろん、時には社員に耳が痛い話もしなければならないことはありますが、それも話を十分聞き、相手の大変さや悩みに配慮した上ですべきであると思われます。

特に若い産業医ですと、年配の社員「若造が。お前に何が分かる」という態度を取られることがありますので、いきなり説教じみたことを言うのは避けた方がよろしいでしょう。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事