産業医は会社側への「報・連・相」をしないと仕事してないのと同然です【産業医マニュアル】

臨床医であれば、外来で患者さんを診療していて、上手く治療出来ていれば上司にいちいち報告や相談は要らないと思いますが、産業医となると、そうもいきません。

社員との面談後、どのような病状でどんな就業制限が必要なのかなど、報告や連絡、場合によっては人事側や、社員の直属上司と相談を要します。

こうした「報・連・相」がないと、会社側にとっては「あの産業医は、何をやっているのか分からない」などと思われ、仕事してないのと同然に思われてしまいます。

ですので、面談内容については、守秘義務に配慮した上で、できる範囲で報告し、就業上の注意点や就業制限についても、しっかりと連絡しましょう。この点は、臨床医との大きな違いであると思われます。

守秘義務を盾にとって何も報告・連絡・相談をせずに面談だけしているのでは意味がありません。しっかり企業側や現場に伝え、社員の労働環境や条件を改善させる必要があると思います。

産業医の仕事にご興味がおありの先生方は、
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

マイナビDOCTOR

民間医局
などに登録し、産業医求人情報をご紹介いただいてみてはいかがでしょうか。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事