完全に「買い手市場」の産業医求人で未経験者が産業医になるための3つの方法

産業医の求人で言いますと、完全に「買い手市場」です。求人数がそもそも少なく、その一方で希望者は多いです。さらには「経験者求む」というところが多いため、なかなか未経験者が産業医になることは難しかったりもします。

そんな「買い手市場」+「未経験者にとってハードルが高い産業医」に、どのようにしてなるかについて、今回は書いてみたいと思います。

1) 「産業医経験を積むため」と割り切って条件を妥協

まずは経験しておくことが重要で、「産業医経験を積むため」と割り切って、年収や勤務地などについての条件を妥協してみることも重要です。

そこで2年産業医を経験しておけば、未経験者から「経験者」になることができます。そのため、最初の2年は希望する条件を下げておき、転職することを視野に入れておきながら就職することも手ではないかと思われます。

2) まずは嘱託産業医を経験してみる

嘱託産業医と言いますと、「社員数50人を超えた事業所」で、月に1度程度巡視や安全衛生委員会に参加、面談などを実施する非常勤での産業医です。

こちらで経験をまず行い、採用時面談の時に経験をアピールすることも手ではあると思います。

3) とにかく複数の企業に応募

勤務医が病院に応募する際、「1つだけ」「2~3の病院」だけという先生方が多いと思われます。また、採用に関しても「経歴書を送った後、面談一回だけ」で終わるところが多いでしょう。

ですが、産業医の場合はそうはいきません。「書類選考」「2~3回の面談」を経てようやく採用となります。その中で勝ち残っていかなければいけないため、一回落ちたぐらいでクヨクヨしていてはダメです。懲りずに応募を続けていくという姿勢が重要です。

そのため、
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

マイナビDOCTOR

といった複数の紹介会社に登録しておき、少しでも「いいな」と思ったら応募していく、ということをやっていくべきであると思います。とにかく落ちても、「今回は縁がなかっただけ。大丈夫、きっと次は採用される」とポジティブな姿勢でいましょう。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事