日本の労働衛生統計について[労働衛生コンサルタント試験過去問 平成29年度 問27]

【問題】
我が国の労働衛生統計に関する次のイ~ニの記述について、正しいもののみを全て挙げたものは(1)~(5)のうちどれか。

イ 厚生労働省の「定期健康診断結果調」によると、常時50 人以上の労働者を使用する事業場における定期健康診断において、所見のあった者の割合(有所見率)は、近年は30 %台で推移している。

ロ 厚生労働省の「特殊健康診断結果調」によると、法定の特殊健康診断(じん肺健診を除く。)の有所見率は、近年は4%台となっている。

ハ 5年ごとに実施されている厚生労働省の労働者健康状況調査によると、強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者の割合は、平成9年以降は約3割前後で推移している。

ニ 厚生労働省の「業務上疾病調」によると、業務上疾病者数のうち災害性腰痛などの負傷に起因する疾病者数の割合は、近年は約3割となっている。

(1)イロニ
(2)イハ
(3)ロ
(4)ハニ
(5)ニ

【答え】(3)ロ

【解説】
×イ 厚生労働省の「定期健康診断結果調」によると、常時50 人以上の労働者を使用する事業場における定期健康診断において、所見のあった者の割合(有所見率)は、近年は50 %台で推移している(平成28年 53.8%)。

〇ロ 厚生労働省の「特殊健康診断結果調」によると、法定の特殊健康診断(じん肺健診を除く。)の有所見率は、近年は4%台となっている。

×ハ 5年ごとに実施されている厚生労働省の労働者健康状況調査によると、強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者の割合は、平成9年以降は約6割前後で推移している。

×ニ 厚生労働省の「業務上疾病調」によると、業務上疾病者数のうち災害性腰痛などの負傷に起因する疾病者数の割合は、近年は約7割となっている。

【参考書・問題集のご紹介】
労働衛生コンサルタント(保健衛生)試験の試験対策にオススメの電子書籍を出版しました。ご参考にしていただけると幸いです。

産業医のための労働衛生コンサルタント口述試験対策マニュアル: 一発合格するための秘訣

まずはこれだけ!労働衛生コンサルタント口述試験対策問題集: 必須の41問

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事