健康障害を起こしうる物質[労働衛生コンサルタント試験過去問 平成29年度 問15]

【問題】
有害物と健康障害との次の組合せのうち、誤っているものはどれか。
(1)クロム酸………………………… 鼻中隔穿孔
(2)マンガン………………………… パーキンソン症候群
(3)コールタールナフサ…………… 白斑
(4)ベンゼン………………………… 汎血球減少
(5)メチルセロソルブ……………… 貧血

【答え】(3)

【解説】
〇(1)クロム酸は強力な酸化剤であり、鼻中隔穿孔が起こりうる。

〇(2)マンガンでは、パーキンソン症候群が起こりうる。

×(3)コールタールでは、皮膚炎、光過敏症、肺癌などの障害が起こり得る。白斑は、ハイドロキノン誘導体、カテコール化合物、フェノール化合物などの反復接触によって起こりうる。

〇(4)ベンゼンでは、汎血球減少が起こりうる。

〇(5)メチルセロソルブでは、貧血が起こりうる。

【参考書・問題集のご紹介】
労働衛生コンサルタント(保健衛生)試験の試験対策にオススメの電子書籍を出版しました。ご参考にしていただけると幸いです。

産業医のための労働衛生コンサルタント口述試験対策マニュアル: 一発合格するための秘訣

まずはこれだけ!労働衛生コンサルタント口述試験対策問題集: 必須の41問

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事