患者さんが外来受け付け時間ギリギリに来院するのは避けるべき理由

たとえば病院で、17時まで外来を受け付けしていたとしますと、「16時55分」や、駆け込みで「16時59分」にやって来られる患者さんがいたりします。

そうしますと、「やれやれ、今日は定時に外来終われるぞ」と思っている医師にとっては思惑が外れることになります。また一から問診、検査、結果説明、治療説明…としなければならないのかと思いますと、やはり医師も人間です。多少イラッとすることも正直なところです。

結果、診断・治療について、そうした精神状態が影響しないとも限りません。よって、もちろん、急を要するような状態で病院に駆け込む、という状況は別ですが、できることならば余裕をもって受診できるようお願いしたいものです。

どうしてもギリギリに受診しなくてはならないようでしたら、その時はあらかじめ病院にご連絡いただいておくとよろしいでしょう。それなりの心構えで医師側も待っていることができます。

会社勤務などがあり、なかなか抜けて病院に来れない、というご事情がある方もいらっしゃるでしょうけども、受診に際しては上記のようなことをちょっとお考えいただけると医療者側としては幸いです。

…最近、やや滑り込みのようにやってこられる患者さんが多かったので、半分愚痴のように書いてしまいましたが、ぜひ心の片隅にでもとどめておいていただけると嬉しいです。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事