産業医になると、外来での口数が確実に増えます

常勤産業医の傍ら、私は非常勤の内科外来を担当しています。その時に思うのは、患者さんとの会話で、口数が明らかに増えています。

今までは淡々と検査結果や治療内容などについて説明をして終わり、ということが多かったのですが、最近では患者さんの仕事や家庭など生活についての話が増えています。

もちろん、そうしたことをきっかけに症状改善の糸口にする狙いもありますが、単にコミュニケーションの一環として、積極的に話すようになったように思います。

その理由として、産業医としての面談で、社員さんとアイドリングトークをしつつ、核心に踏み込んだ話をする、といったことをたびたびしておりますので、診療以外の会話することが普通になった、ということのようです。

さて、そんな中で思うのは、やはりコミュニケーション能力の高い方は産業医に向いているんじゃなかろうか、ということです。産業医をしている会社で、同僚の女医さんも話し好きでして、やはり「天職」のように感じておられるとのこと。

話し好きな方、もしくはコミュニケーション能力を鍛えたい、という先生は産業医になってみてはどうかな、と今日、外来で診療をしつつ思った次第です。

詳しくは、

エムスリーキャリアエージェント

リクルートドクターズキャリア

などの人材紹介会社にご相談いただくと、求人情報についてご紹介いただけます。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事