クリニックの「雇われ院長」で年収2,000万円を実現するのに1日どのくらいの患者さんを診る必要があるか?

日経メディカルキャリアの「【必見】転職して年収2000万円を超えるクリニックの医師に共通すること」に興味深い記事が掲載されていました。

クリニックの「雇われ院長」で年収2,000万円を実現するのに、一体どのくらいの患者さんを診る必要があるのか、という試算がなされておりました。まず、クリニックにおいて「医師の人件費率は診療報酬の24%~30%に設定」されているそうです。

要は、売り上げの24~30%が医師の報酬、ということですね。よって逆算すれば、
・24%の人件費率なら診療報酬 8333万円
・30%の人件費率なら診療報酬 6667万円
となります。6%の違いで、大分開きがありますね。

さて、年間240日(週5日)勤務したとした場合、
・24%の人件費率なら1日35万円
・30%の人件費率なら1日28万円
となります。1人あたり5,000円の診療報酬であるとすると、
・24%の人件費率なら1日70人
・30%の人件費率なら1日56人
となります。

これだけ集客するのも大変ですが、私であれば毎日、毎日これだけの人数の患者さんを診つづけるのも大変だと感じてしまいます(新患の比率にもよるでしょうけども)。

ただ、「これくらいの人数なら、外来で診てるよ」という先生方もいらっしゃるでしょうし、「それで2,000万円ならいいな」とお考えになる先生方もいらっしゃるでしょう。

クリニックの求人については、
リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

などに掲載されています。もしご興味があれば、ご登録の上、キャリアエージェントに御相談なさってはいかがでしょうか。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事