医局所属されている先生でも「産業医」資格を持っておくべき理由

私の同僚の産業医は、医局から紹介されて現在の企業で産業医になったとのことです。有名私大の医局ですから、それなりに大きな企業との関わりもあるようで、このようなことが行われたようですね。

同僚は内科系医師であり、そもそも認定産業医の資格はなかったそうです。しかしながら、医局から言われて「やってみるか」と思い立ち、産業医になることを決めたそうです。

そのようなお話を聞いている中で、意外に医局内で産業医資格をお持ちでない方が多いと伺いました。「単位集めるのが面倒くさい」「更新が必要だし」という理由で、敬遠する先生方も多いようです。

しかしながら、資格を持っておりますと、有名企業産業医への紹介が行われる可能性もありますし、女性であれば特に、「復帰は産業医」という道が拓けるかもしれません。また、人間関係の問題などで、もし医局を辞めざるを得ない状況になった場合、選択肢が一つ増えるということにもなります。

「メリットしかない」と思うのですが、意外と手間を考えて認定産業医資格をお持ちでないということのようです。もし少しでも興味がおありならば、認定産業医の単位集めを始めてみてはいかがでしょうか。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事