有害作業における作業環境管理について説明せよ(労働衛生コンサルタント 口頭試験対策14)

1) 製造・使用の中止、有害性の低い物質への転換

2) 生産工程、作業方法の改良による有害物質の発散防止

・発塵防止のため、湿式工法の採用
・ほうきによる清掃ではなく掃除機による吸引
・工程順序の入れ替えにより、溶剤で与湿するなど。

3) 設備の密閉化、自動化、遠隔操作、有害工程の隔離

・有害物質を密閉したブースに入れるか包囲し、外部に漏れないようにする。
・密閉部分の内圧を低く抑える。
・自動化できるところはできるだけ機械化する。
・発散源と作業者の隔離を行う。

4) 局所排気、プッシュプル換気等による汚染物質の拡散防止

5) 全体換気による汚染物質の希釈排気

機械換気および自然換気にて全体換気を実施し、環境中の有害物質を希釈・排出する(全体換気のみでは不十分で、上記1)-4) を併用する)。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事