湿球黒球温度(WBGT)とはなにか(労働衛生コンサルタント 口頭試験対策8)

湿球黒球温度(WBGT;wet-bulb globe temperature)とは、酷暑環境下での行動に伴うリスクの度合を判断するために用いられる指標のことである。

乾球温度の測定では気温(Td)、湿球温度の測定は湿度(Tw)、黒球温度(Tg)の測定は輻射熱をそれぞれ求めており、
WBGT=0.7Tw+0.2Tg+0.1Td[屋内では、WBGT=0.7Tw+0.3Tg]
と計算する。

WBGTが31℃を超えれば危険で、運動は原則中止。28.0~30.9°Cでも、熱中症の危険性が高い。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事