医師のための転職ナビ

医師のための転職・就職支援情報サイト

産業医研修会「自治医科大・日本医科大・産業医科大」の研修費用・日数/スケジュール・定員比較

   

産業医になるためには、労働衛生コンサルタントの資格を持っていたり、産業医科大などを卒業していない場合、研修会に参加して単位を集める必要があります。

コツコツと集めていくのもいいですが、産業医になるために時間がかかりますし、あまり効率が良いとは言えないでしょう。やはり、集中講義で単位を集められる「産業医研修会」を受けてしまうのが手っ取り早いと思います。

有名なのが「自治医科大・日本医科大・産業医科大」の産業医研修会ですが、今回はその研修費用・日数/スケジュール・定員の比較を行いたいと思います。

比較表は、以下の通りです。

産業医科大 日本医科大 自治医科大
研修費用 8万円 5万2千円 6万円
研修日数 6日間 7日間 6日間
スケジュール(2017年度参考) 年2回開催
1回目:7/24-29
2回目:7/31-8/5
9/2,3
10/7,8,9
11/3,4
前半:8/26-28
後半;9/16-18
定員 500名(トータル1,000名) 200名 160名
補足 労働衛生コンサルタントの筆記試験免除資格が得られる。 ・日本医科大医師会員、東京都医師会員などは割引あり。
・特定日の受講は不可。月ごとの受講は可能。
・特定日の受講も可能。1日1万円換算。

必要なコマ数は決まってるので、講座自体の時間数はどこでも変わらないと思われます。しかし、必要な費用やスケジュールなどはかなり異なっていますね。

さらに、関東在住ですと、産業医大となると飛行機代や宿泊費も必要ですから、費用はかなりかかってしまうという難点もあります。ただ、産業医科大ですと、労働衛生コンサルタントの筆記試験免除資格が得られるというのは大きいですね。もし資格取得をお考えでしたら、産業医大にしておくとよろしいかもしれません。

一方、研修費面だけでいうと、日本医大が最も安く抑えられます(医師会に登録していると、さらにお得です)。ただ、スケジュール的に3ヶ月かかってしまうのが難点でしょうか。

それぞれ一長一短はありますので、ご都合や予算に合わせていただければと存じます。

補足

「獨協医科大学」も産業医研修会を開いておられます。

研修費用は5万4千円(昼食付き)、2017年度のスケジュールは、8/20,27、9/3,10,17,18の6日間。すべて日曜・祝日なのがありがたいですね。定員は200名です。

オススメ人材紹介会社一覧

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
「転職のリクルート」らしい、きめ細やかな対応が望めます。まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
医師ポータルサイトで有名ですね。企業への交渉力もあり、条件交渉などの相談にもしっかり乗ってくれました。
詳しい説明はこちら
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングをしっかり行った上で、転職支援を行ってくださいます。
詳しい説明はこちら
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりは強く、医療機関への転職という面ではサポートが厚く得られそうです。
詳しい説明はこちら

 - 産業医情報